ピアノ調律師の仕事とはピアノの弦を適正な高さに合わせる。
ピアノを違和感無く良い弾き心地にする調整。
ピアノが持っている最大限の音色を引き出す整音。
音が出にくいなどのアクション関係の修理。
これが一般の調律師の作業内容です。
これ以上になると難しい現実が待っています。
古いピアノは買い替えた方が良いと言う理論と重なります。
何故なら、解体、組立て、数値などは、ピアノ修理工房などで、最低10年ぐらいは
経験を積まないと出来ないのです。

出来ないのが解っていればそのピアノは修理不可能と言われます。
でも、私は難しい仕事でもこれまでやってきた自負が有ります。

修理の出来る工房は、普通に100年以上経たピアノも直しているはずです。
私もそうですし、経験の有る修理工房に相談してみると古いピアノも今のピアノよりも良い音色が出ると思います。