結論からしてポリ系が塗膜も厚いし強いし人体への影響も少ない。現代の塗料と言ったとこでしょうか?

ラッカー系塗料は塗膜は薄いし弱い、しかし何回も塗り重ねる事で深みの有る色が出せる。(工程が多いので手間が掛かります)

劣化が進んだ時、ポリ系はパリパリ剥がれる。塗膜が強い分下地の木材の収縮に耐えられなくなり分離してしまうのだろう。

ラッカー系塗料は柔軟性が有り、クラック(ひび割れ)を起こしつつ剥がれにくく年月を重ねていくのだろうと思います。

個人的にはラッカーの方が色に深みが有るので好きですね。

ピアノにとって良い塗料はなんなんでしょう。