宇部市のF様のU1Dのオーバーホールを始めます。

響板割れなど無いか隅々までチェックしていきます。

かなり古いピアノですが、素材の良さも有り修復しがいの有るピアノです。

まずは、故障箇所の修理をします。ピアノの修理で多く有る「スティック」です。

人間で言う間接部分でしょうか?動きが悪い部分は部品を外して分かります。

このピアノは、バットフレンジのセンターピンは全て交換しました。ジャックのフレンジも

ほとんど交換になりました。オーバーホールで大事な作業です。

薬を使って(ドーピングですね)直した物は、いずれ再発する事が多いのです。

こういう修理は真面目さと根気が必要となります。