ボディー以外は塗装の剥離は完了しています。

塗膜が厚く大変です。でもこの時代のピアノの製作の仕方の勉強にもなります。

シーラーという塗料がすごく厚く、スタインウェイのラッカー塗装とはまるで違います。

なかなか木目が出てこない・・・何故に。

防塵マスクをしての作業ですが、キツイんですよ〜。へとへとになります。

毎日、火山灰が降っている様な状況です。早く終わらせようと思う今日この頃。