今日も西川ピアノの解体です。弦を取り外すのですが、太さ(番手と言います)が、なんかすごく怪しい。弦が切れた所に新しい物が張ってありますが太さが違うんですよ・・・誰が修理したのかな?張り方も上手くいってないですよ〜と思いつつ、古い弦を頼りに番手を決めていきます。スタインウェイなどでもこんなのはいっぱいあります。でもマイクロメータなどで一つずつ測るのですが、100分の1の単位ですから疲れるのであります。