西川ピアノのアクションも解体しました。お願いだから木ネジ君、折れないでね!と慎重に緩めます。なんだかんだ有りましたが、部品を外し終えてほっとしましたよ。でも輪っかになっている部品のレギュレチングスクリューは、確実に折れるでしょう。100年前のピアノですから色々有ります。毎度の事ですがね・・・ 普通はこのピアノを修理依頼を受けるところは多く無いと思います。大変だし手間もかかります。でも僕はこう言うピアノが大好きなのです。現在のピアノと違う音色、タッチなど構造を見ても明らかに違います。楽器って同じ音が出る必要は無いと思っています。個性も魅力の一つです。