M様のヤマハ W102Bのピアノの内部です。塵も積もればの状態です。これぐらいの埃では驚きませんよ。掃除をして綺麗になりました。チューニングピンなどのメッキ部品を磨き、弦も変色しているのでクリーニングします。次に金属のピン(フロントキーピン、バランスキーピン)の錆を落とします。虫食いの被害も有るので赤く見えるブッシングクロスは新品に交換します。電動工具も使いますが、この作業はほとんど手作業で〜す。楽器店だと若手の作業ですが、うちには若手も何もいないですから・・・でも場数をこなしているのでクオリティーは高いですよ。今日は、鍵盤部分より上のクリーニング完了。仕上りに自己満足!でもお客様に普段は見えない所なので、ブログ見て下さいね。

左が磨いたピンとプレッシャーバー、右が磨いて無いピンとプレッシャーバー。右の弦も錆びているので磨きます。

金属ピンと虫食いで赤いクロスがかじられています。

こんなに綺麗になります。見えない所ですが手は抜きません。

鍵盤を支える部分はタッチに影響が有るので綺麗にする理由は、抵抗無くスームーズな動きを作ります。非常に大事な所です。