山口県でピアノの調律は、ご依頼があればどこにでも行けるのですが、ピアノ修理の場合、色々な部品を取り外し工房に運んで修理します。最近は電子ピアノの修理がと〜っても多いので大変です。電子ピアノの上の部分だけを持ち帰るのですが、結構重いんですよね。工房に帰ると一人で降ろさないといけないもんで。昔から足踏みオルガンの修理や調律(工具も持ってます)などもやったり、エレクトーンの修理もしてたり、依頼があれば受けて立つ気質だったんです。またまた書きますが、車のように安全性は必要ないので楽器は良い時代に作られたものが全てです。現在のものに価値を見出せるものは少ないと思いますが電子ピアノでも時代の片鱗は伺えます。メーカーは修理不可ですからね。(ローランドは別と思っています)そんなこんなでご依頼を受けるのも良しとしましょう。でもね、本職は生ピアノの修理なのですけどね。ま〜いいか?