今日はYAMAHA YDP-123の修理。結構えらいことになっています。鍵盤根元の部分にひび割れがあり、鍵盤部分が傾いて干渉しています。割れた箇所をくっ付けるのですが、瞬間接着剤などを使ってもダメなんですよ。外向きに力の掛かるところなのでまたすぐに割れます。生ピアノの鍵盤貼り替えはアクリル樹脂を溶かして接着します。これを応用して修理します。溶かして接着して強度を出すためにアクリルを盛るといった溶接のような技術ですね。スポイドで怪しい白い粉を盛り、注射器で怪しい液体を垂す。変な匂いがしますのでオエッてなります。人には見られたくない作業です。修理も終わり組み上げて終了。