今日はY様のピアノ入庫しました。電子ピアノの修理依頼の入庫も有り慌ただしかった1日でした。来週はアクション修理の引き取りなどで、納期などのやり繰りで悩み中です。当分の間は工房に引きこもらないといけないですね。修理が集中すると人手がないもんで困ります。午後からはヤマハW106の内部クリーニングと金属ピン(バランスキーピン、フロントキーピン)を研磨、新しいクロスの取り付け、弦のサビ除去などでくたくたになりました。全部手作業なので手も痛〜い。技術的な難しさも無い根性を試されるだけの仕事です。でも綺麗になると嬉しいんです。この業界では丁稚や小僧の仕事と言われますが、今でも自分は好きな作業です。

埃は徐々に溜まっていきます。湿気を帯びて木部はシミになります。でもこのピアノは年数の割には綺麗な方です。

虫食いの被害は最近多く見られます。赤いブッシングクロスは新品に。

それなりの年代の弦サビは有りますね。全部綺麗に除去します。

鍵盤を支える部分の筬(おさ)も新品の様に綺麗になりました。今後の調整精度を上げる大事な作業です。滑りをよくすることや埃を除去することは重要なんです。これでこの部分のリセットは完了です。