次に修理するピアノはカワイKS-3F。これまた直し甲斐のありそうなピアノ。鍵盤蓋は艶はなくなっています。ペダル部分も豪快に錆び付いています。
いつものように内部から掃除します。鍵盤を取り、チューニングピンや弦の錆を取ります。鍵盤を支える金属のピン(バランスキーピン、フロントキーピン)を磨きます。この部分はタッチに影響するので大事な作業です。クロス関係は虫食いの被害があったので新品に取り替え。

カワイのペダルは錆がなかなか落ちません。

チューニングピンを磨いています。左が磨いたもので右が今から磨くところです。

弦の錆もありますね。左が磨いたもので右が今から磨くところです。

フロントキーピン。左が磨いたもので右が今から磨くところです。ピカピカでしょ!