ヤマハ No.300のブッシングクロス全部張り替えました。こういう修理は一般的なので問題なく終了しました。不安も無くスムーズに仕事が進みます。接着剤が乾くまでにどうしてもネジ部品が気になるので、アクションを分解して探っていきますとダンパーフレンジのネジも錆び付いています。錆び付いた木ネジは経験上、調整が後々大変になることは分かっていますので交換したほうが良さそうです。50年ぐらい前のピアノを修理するのはまだ簡単な方です。100年近くかそれ以上になるとネジ部品が折れて当たり前ですから修復にも時間が掛かります。たくさん経験しないと古いピアノは直せないんですよね。分解すると嫌なものがたくさん見えてきました。「お願いだから折れずに外れてね」と祈っています。何本折れるのだろ〜か?また報告します。