このヤマハ No.300はとても古いピアノなので分解してみるとマズイなこれ、バットスプリングは大丈夫だと思ってたのに・・・と僕の期待を裏切ってくれるのです。バネとしての寿命を全うしているようなので「お疲れ様です」とぼそっと言って新しい物に交換します。この修理以外と時間がかかります。ピアノの場合、スプリング(真鍮製のバネ)を保持しているのは紐ってね〜。普通はネジ止めとかでしょ?まー理由があってこうなってるわけですが、原始的で面倒臭いんですよ。でも久しぶりだったので楽しかったかな?