今回、ご相談いただいているK様のピアノのキー重量(鍵盤の重さ)についてのブログです。古いピアノは正直鍵盤が重たいものも多くあります。現在のピアノは50g前後なので軽いですね。鍵盤を押す時に軽くなれば戻るときは遅くなります。これは経験値で判断することになります。キー重量をする際、調律師は分銅を使って作業をします。一般の方でも10円を11枚重ねて計測することができますよ!画像にあるような位置で10円を配置すれば自分のお家のピアノの鍵盤が重いかどうかは分かります。まずは10円を11枚重ねて配置して必ず右のペダルを踏んでゆっくり鍵盤が沈んでいけば適正です。沈まなければ現代のピアノとしてはタッチが重いと言うことになるでしょう。作業自体は鉛の打ち込み(GP)貼り付け(UP)になります。

右ペダルを踏んでゆっくり鍵盤が下がっていればOKです。