年末なので画像や動画データを整理していまして・・・懐かしい動画があったのでアップしました。この動画の彼は我が家の長男として雛から育て、日本語の教育をしました。ご覧の通り挨拶もできました。自分中心のかなりのナルシストだったのですが、「お父さん、お疲れさま」に何度も癒されました。動画の最後に「お母さん」と言っていますが、そのあと口ごもっています。彼が何を言いたかったのかは私には分かります。いつもお世話をしてくれて「ありがとう」と言いたかったのでしょう。なんか女房には「抱っこ」とかよく言っていましたが、私には言いませんでしたし・・・母は強しですね。5年前に外の世界が知りたくて旅立って行きました。いっぱい家族に幸せな時間を与えてくれた「内田ポーちゃん」ありがとね。今でも思い出すし、涙腺崩壊しそうなのでこれで終わり。