カワイの電子ピアノの修理のご依頼で中を見たらビックリ!生ピアノみたいな構造でした。通常の電子ピアノはもっと近代的なプラスチックや金属部品で構成されています。このピアノ木製鍵盤で生ピアノを修理している者にとっては「鍵盤調整いるじゃん?」とか「アフタータッチあるじゃん」とか不思議なピアノに見えてきます。ピアノタッチは進化してとても良いのですが、生ピアノの完成された構造を取り入れなければ実現できないジレンマがあるとすれば、メンテナンスが必要なので退化してるともいえるのかな?