スタインウェイのブラケットのレールは経年変化で割れてきます。ブラスのレール内部に木材が入っています。

新品に交換するのですが、これが難しい。ロウ付という作業ですが位置関係が狂うと大変なのです。

オーバーホールの際、ハンマーシャンクとウイペンの位置関係でこのレールはアフタータッチを決める要素なので慎重に作業します。