C3のアクションを取り出し、ダンパーを外したら弦を緩めて行きます(音を下げる)。折角なのでピアノ内部の写真を撮りました。フレーム(金色の部分)と響板側(ボディー)の間に金属の小さなブロックが挟まっています。適正な音の高さを保っているときは圧力が掛かっているため外れません。音を下げていき張力がほとんど無くなった時、ポトンとブロックは落ちます。ピアノの鋳物フレームは動いてると言う事になります。新しいピアノの弦を張り替える時外れたこの金属のブロックを付け忘れると・・・恐ろしい事になるでしょう。経験、知識が有ってピアノの分解や組立てが出来るのです。