宇部市のY様のピアノ修理も終わり、ほっと一息ついて今度は延び延びになっていた納品調律に行ってきました。下関で修理をした後、北九州のY様のお宅へ伺い無事に作業を終えました。ピアノ内部の修理は定番的なものでしたが、外装の塗装割れは工房に入ってから「あれっ!ここも割れてるの?ここもじゃん?」てな感じで、あ〜これは大変だ〜仕事受けてしまったし、工房にピアノ入庫してるし〜覚悟決めないといけないなってことで何とかしました。割れている木目のピアノ塗装は全部剥がないといけない訳でありますからね。ピアノ納品後、喜んでいただきありがとうございます。帰り際にY様の子供さんにお手紙を頂きました。頑張ったご褒美かな?ありがとうね。文面の「普通のピアノより低めの音」とありますが、音が低くなっているご指摘、確かにそうでしたよ!あなたの耳は素晴らしい。でも調律して音を上げたから大丈夫ですよ。いっぱい練習してくださいね。

昨日は、O様の納品調律に伺い甦ったピアノを喜んでいただけました。とりあえず気になっていた仕事は終了しました。ほっとした。先週は出先仕事が多かったですが、工房作業とは違い良い気分転換になりました。皆様に手土産など頂き、本当にありがとうございました。