ヤマハ No.300のピアノ内部の状態を確認いたしました。
鍵盤のブッシングクロスは磨耗と虫食いの被害です。他にもバランスのパンチングクロスや鍵盤奥のキーバックレールクロス虫食いの被害があります。その他、ハンマーフェルトの変型やバットフレンジとウイペンのセンターピンはガタガタになっています。アクションを見るとオーバーホールをされていると思っていましたが、ヤマハの純正部品で構成されていますので当時のままの状態だと思います。この年代でこんなに綺麗な内部を私は見たことはないですね。鍵盤のシミも無く埃がほとんど無い状況って信じられません。保存環境の違いがピアノの状態を左右するということなのでしょう。舶来ピアノは歴史も古く、100年以上前のピアノの修復を私もしていましたが、いよいよ国産ピアノの修復も現実的になってきましたね。かなり古い初期の国産ピアノも修理してきました私ですが、綺麗すぎるこのピアノなんだろ〜普通じゃないな?奇跡のピアノなんでしょうかね?