昨日、ウイペンという部品を取り付け、スプーンが錆び錆びなので磨きました。見ての通り「スプーン」でしょ。ユリ・ゲラー(知らないかな?)は超能力?で曲げていましたが、調律師は「スプーンベンダー」でこのスプーンを曲げます。この調整をするときスプーンはアクションの奥側にあるので全く見えない状態で手応えを確認しながら作業します。非常にムズい作業であります。ピアノの調整は複雑で勘を頼りにすることも多く手先の器用さも必要ですね。

ピカピカに磨きました。ここが錆びているとヤバいんです。

左がダンパーで右がスプーンベンダー

スプーンベンダーの先がスプーンの軸に掛かる手応えで曲げます。ダンパーレバーが実際には覆っていますのでスプーンは見えません。表側で作業をしますからこの部分は全く見えてない状況で調整します。僕は超能力使えないので手間のかかる仕事しています。