今日からヤマハ No.300の整調です。音も出しながら作業できるので楽しいです。色々な部品を挟んだり、ネジを廻して調整します。鍵盤の調整も終わり、基準が大きく変化しているので、ざっくりと全体を整備していると「あれっ!」廻らないじゃん?固着してるし〜とか、割れてるし〜分解しないとダメだし、鍵盤の上にぽろっと落ちたけど何?・・・あ〜あって感じです。ちょっと意地悪されてるのでしょうか?でも古いピアノはこんな事は日常的にあるので、涼しい顔で君が折れても大丈夫、新しいのもちゃんとあるから困ったりしないよ。ご苦労様と言ってあげます。でも本音は作業が遅れるからヤメてくれーです。

鍵盤の奥に有るパイロットボタンです。固着して機能しないので分解修理して組み直します。

この部品はレギュレチングスクリューと言います。新品の部品に交換です。頭のところで折れています。悲しい。